借金問題の解決方法は、任意整理、個人再生、自己破産 などいろいろな手段があります。
アヴァンスでは、あなたにお話頂いた内容から、一番最適な解決方法をご提案いたします。
過払い成功報酬がお安くなりました

任意整理とは?

裁判所などの公的機関を利用しないで、司法書士が直接債権者と連絡をとり、借金の減額や将来利息のカットや返済方法など交渉し和解を進めていく手続きです。
現在、債務整理の主流となる手続きです。
実務的には3年〜5年の範囲で将来利息をカットし和解を勧めますが、取引が半年未満等、極端に短い場合など一部債権者は利息制限法内の利息を要求してくることがありますので注意が必要です。

→任意整理Q&Aはこちら

任意整理のメリット

任意整理のデメリット

任意整理 事例紹介


N.Mさん 40代 男性
依頼時の負債総額 8社 1000万円超
Nさんは、高齢のお母さんと2人暮らし。生活費や介護費の不足を借り入れで補ったことをきっかけに、次々と借り入れを繰り返すようになり、返済のために別の貸金業者から借りては返すという自転車操業に陥りました。気づいたときには、8社から1000万以上という莫大な債務を抱えることになり、悩んでいたところ、スポーツ新聞でアヴァンスの存在を知り相談にいらっしゃいました。
アヴァンスに相談
早期に過払い金を回収して、他の業者の一括返済に!
残る業者は1社のみ!
当初はあまりの債務の大きさに対し、支払可能原資が月2万ということで、自己破産で進めることになりましたが、債権調査の結果、3社で合計380万円もの過払い金が発生していることが判明しました。この3社については訴訟を提起し、高い割合で早期に過払金を回収することができました。
一方、借り入れが残っていた業者に対しては、減額交渉の上、先の過払い金で一括弁済し、それでも足りなかった1社に対してのみ月2万円ずつ分割で支払う旨の和解を成立させることができました。その1社に対する支払も、今ではあと数回で終了するところまで順調にきています。
最初は自殺を考えるほど思いつめておられましたが、アヴァンスに勇気をもって相談にきていただいたことで借金問題と向き合って行きたいという考えに変わっていき、さらには、破産せずに任意整理で解決できたことに非常に喜んでおられました。今では少しずつ貯金もでき、以前のような無計画な借り入れは一切せず堅実な生活を歩んでおられます。

(担当司法書士 浅井 明子)

M.Kさん 60代 男性
依頼時の総負債額 3社 320万円(うち1社不動産担保ローン)
Mさんは、妻と二人で自営業を営んでおり、その事業資金を確保するため、自宅を担保に借入していました。 しかし、長引く不況の影響で十分な収益が得られず、これ以上の返済を続けることができなくなりました。このままでは、自宅は競売にかけられ、手放すことになってしまいます。Mさんは、アヴァンスに相談しました。
アヴァンスに相談
交渉により、支払可能額での和解に成功。
不安にかられる日々から解放
依頼を受けたアヴァンスは、取引履歴の開示請求を行い、債権調査を行いました。これまで払いすぎた利息を再計算した結果、自宅を担保にした借入は、当初130万円あったものが50万円まで減額していることが判明しました。 アヴァンスが和解交渉を行い、Mさんは、今後50万円を分割で支払っていくこととなりました。 和解により、Mさんは返済を続けていくことができるようになりました。
他の2社も、同様に交渉を行い、支払い原資に収まる内容で和解をすることができました。 これで、Mさんは、借金に悩み、自宅が競売にかけられるかもしれないという不安な日々から開放されることになりました。
今でも、Mさんは自宅で家族と仲良くくらしています。

(担当司法書士 板倉 健)

任意整理の流れ


任意整理の流れ

【全国対応】借金問題のご相談は、お電話・メールともに無料

無料電話相談 無料相談はこちら

※ お客様のご相談内容によってはご期待に添えない場合もございます。